アフターピルで避妊する|男女トラブル回避術

困る

妊娠するにもお金がかかる

医療技術の進歩と治療費

医者

不妊治療の技術は年々進歩しており、名古屋のクリニックでもさまざまな治療法が取り入れられています。これまで妊娠が不可能と言われたカップルでも、子供が産めるようになるのは喜ばしいことです。しかし新しい治療法は、費用も高額になりがちです。不妊治療には大きく分けて一般不妊治療と特定不妊治療があります。一般不妊治療にはホルモン療法や、普通の人工授精などが含まれます。人工授精にかかる費用は病院によっても異なりますが、2〜3万円程度です。これに対して特定不妊治療には、体外受精や顕微授精などが該当します。顕微鏡下で受精を行なうため精度が高く、より確実性があるため、今後は名古屋でも特定不妊治療が増えていくと予測されます。

助成制度を利用しよう

体外受精の費用は1回あたり30万円程度、顕微授精になると1回につき30万円〜60万円ほどが必要になると言われています。また受精卵の凍結保存にも10万円程度かかります。これらの費用には薬代や検査費用が含まれていません。しかも保険が適用されないため、トータルでは相当な出費を覚悟しなければなりません。名古屋市では特定不妊治療について、1回15万円を限度に助成金を支給しています。法律上の婚姻をしていて、夫婦合わせた年収が730万円未満であることが条件です。回数に制限はありますが、最も多い場合は10回まで助成を受けられます。名古屋市在住で不妊治療を考えているカップルは、市役所に確認してみることをお勧めします。