アフターピルで避妊する|男女トラブル回避術

悩み

妊娠するにもお金がかかる

医者

不妊治療には一般的な人工授精のほか、体外受精や顕微授精などの方法がありますが、保険が適用されず高額になりやすいという欠点があります。名古屋市では特定不妊治療を受けた夫婦に対して、助成金の支給を行なっています。

人気エリア

女性

川崎にお住まいの方で、妊娠しているかもと思っているのであれば、一度産婦人科に行ってみましょう。仕事をされているのであれば、今後の働き振りを相談をする必要になりますし、そして分娩先の病院を探す必要があります。

避妊に失敗した時の対処法

避妊の方法

サプリメント

女性が避妊のために出来ることといえば、毎日継続的に飲み続けるタイプのピル、もしくはコンドームなどの避妊具が一般的です。もちろん、これ以外にもいくつかの避妊方法はありますが、より現実的で手軽なものを挙げるとすればこの二つでしょう。ただ、人によっては何かしらの要因で避妊に失敗してしまったというケースも出てきます。妊娠を望まない、さらには望まぬ行為であったという場合にはこれら以外、事後の避妊対処が必要になってくるのです。そこで活用することになるのがアフターピルです。アフターピルとはその名の通り、性行為があった後に服用することで望まぬ妊娠を避けることが出来るアイテムです。本来なら先に述べたような避妊を行うべきなのですが、それが出来なかった場合、失敗した場合にはうまく活用していくと良いでしょう。

ピルの入手方法

東京でこうしたアフターピルを入手したいという場合、まずは婦人科や産婦人科を受診する必要があります。東京に限らず、日本ではこうしたアフターピルを薬局などで購入することはできません。その副作用や服用後の経過を観察するためにも、医師の処方があってはじめて購入することが出来るものなのです。東京の場合、こうしたアフターピルを取り扱っている婦人科、産婦人科はいくつかあります。ただ、ホームページ等で大々的に取り扱いを宣伝している病院はそう多くはありません。ですから、利用の際は事前に東京の各婦人科、産婦人科にアフターピルを取り扱っているのかどうかの問い合わせをしておくことをお勧めします。性行為があってから早ければ早いほどその避妊効果を高めることが出来るアフターピル、問い合わせ、受診に関しても出来るだけ早いに越したことはありません。

情報を得て実践

看護師

不妊治療を長年していた方が、鍼灸院に通い始めて妊娠をしたというパターンもわりと多いです。とにかく情報を得て、すぐに実践することが大切です。通いやすいと思う鍼灸院を見つけて、しっかり通い続けることが一番大切です。